こんなに違う!? 婚活用写真の上手な撮り方、ちょっとしたコツ

スポンサーリンク


婚活で、重要なのは、何と言っても写真!
私も婚活をしようと決意して、婚活サイトに登録したけど、まず最初の課題は、プロフィール用の写真をどうしよう、ってことでした。

最近は、婚活用に、スタジオ写真などを撮る人も増えたけど、ネット婚活では、自撮り写真や普通のスナップを使ってる人がまだまだ多い、そこで、今日は、婚活用写真の上手な撮り方を伝授します。

さて、こちらの写真、なでしこジャパンの澤ねえさん、どうですか? けっこう印象が違うでしょう?

ビフォアー&アフターみたいになってますが、これは同じ写真を加工したもの、
私が、フォトショップという写真加工用のソフトを使っていじりました^^;

自撮りでも、少しのポイントをおさえれば、これくらい変わりますよ、そのコツを伝授しましょう!



スポンサーリンク


向かって左が元の写真、右が加工したもの、どちらも同じ澤さんですが、右の写真の方が、断然、美人に見えますね。
フォトショップを使うと、骨格から別人に加工できたりするけど、この写真は、実は、そんなにいじってないです。

修正したポイントは、

・肌荒れとテカリを修正、肌の質感を均一にした
・髪の毛を落ち着いた暗めのトーンにした
・瞳に光を入れた

これだけで、こんなに違うなんて、びっくりですよね。

私も、以前、スタジオ写真を撮ってもらった時、プロのヘアメイクさんに、化粧をしてもらったことがあるんだけど、ファンデーションは、エアブラシで、顔に吹きつけられましたよ^^;

生で見ると、こってり厚塗りで変な感じだったけど、出来上がりの写真は、自然な肌の質感で良い感じでした。

自分で写真を撮る場合でも、肌や髪なんかは、写真を撮る前に、ある程度、作りこんでから、撮影すると、仕上がりに差がでます。

そして、何より効果絶大なのが、瞳の光です、これは劇的に違うので、ぜひ覚えておいて損はない!

再び、澤ねえさんのビフォアー&アフター写真を見て下さい、
右の澤さんの瞳の黒目の部分に、小さな光の白い点が入ってるのが分かりますか?

この白い点は、私がフォトショップで書いたんだけど、この小さな部分の効果が、実はスゴイんです!

少女漫画の瞳に星を入れるのと、同じ発想だけど、雑誌の表紙のモデルさんや、化粧品の広告の女優さんなんかも、実は、写真を加工して、瞳に光を入れてあるのが、よく見ると分かりますよ。

これを、自撮り写真で再現したいと思ったら、写真を撮る時に、瞳の表面に光を反射させて、それが写る角度で写真を撮りましょう、これだけで劇的に違います。

ただし、顔に直接、光を当てると、凹凸の影ができてしまい、老けて見える原因に、レースのカーテンごしなど、やわらかい光を意識して下さい。
それから、白い服を着ると、服に光が反射して、レフ板の代わりになります。

ほんとに、ちょっとしたコツで、劇的な違いが生まれるので、婚活用のプロフ写真を、自撮りする時は、試してみて損はないです。


スポンサーリンク