専業主婦の多い都道府県は●● 意外な結果に驚き

スポンサーリンク


婚活においては、結婚後のライフスタイルも含めて、条件化されてたりますよね、「専業主婦希望」とか「共働き賛成」みたいな部分を、かなり重要視してる人も多いと思います。

さて、それに絡んで、面白いデータを見つけたので、紹介してみましょう。

専業主婦の多い都道府県ってどこ?



スポンサーリンク


この地図で見て、赤とオレンジの都道府県は、共働き率の高いエリアで、グレーの地域は専業主婦率の高い都道府県になります。
(参照:子育て世代の女性が働いている県・そうでない県

意外だったのは、地方の方が共働きが多く、都市部の方が専業主婦が多いんですね、
イメージ的には、都会の方が働いてる女性が多そうじゃないですか? 事実は逆だったので、ちょっと驚きです。


(クリックで拡大します)

総務省が公開してるデータもあったので、こちらでもっと細かく見ていくと、

共働き率が高い → 島根、山形、福井、鳥取、富山、石川、、、と続き、北陸や日本海側の地域は、働くママが多い。
専業主婦率が高い → 神奈川、兵庫、埼玉、千葉、大阪、、、と続き、都市部や、そのベッドタウンでは、専業主婦が多い。

ちなみに、最も共働き率の高い島根県は、子育て世帯でも74%が共働き、という結果に、
逆に、最も専業主婦率の高い神奈川県では、子育て世帯の共働き率は41%と、かなり地域差がありますね。

確かに、神奈川あたりで子育てしてる夫婦だと、職場は東京などの都心に通っていて通勤時間は1時間以上、妻も夫も地方出身だったりして、近くに頼れる実家もなく、夫婦2人ともが働くのは難しいのかも、

じゃあ、お母さんは近場でパートでもしようにも、神奈川県って待機児童数が多い地域、パートだと認可保育園はまず無理で、認可外の保育料を考えたら、パート代なんていくらも残りませんからね、

そんな感じで、専業主婦を選択してる世帯も多い気がします。

婚活中は、「専業主婦希望」とか「共働き賛成」とか、いろいろ理想は言っても、
いざ結婚してみたら、現実は環境に左右されますからね、ある程度、柔軟性を持って婚活した方が良さそうです。

→専業主婦になりたい女性におすすめの婚活法って?


スポンサーリンク